HOME>アーカイブ>費用に関する相場や仕組みなどを知っておこう
社員

基本的に条件に応じて利用することができる

M&Aは会社を合併する場合だけでなく、自分の会社の弱みを補充したいときに利用することができます。このような場合、M&Aの仲介業者にお願いすることで仲介手数料はかかるもののより自分たちの会社にぴったりのところを探してくれるでしょう。仲介手数料の相場はどれぐらいかといえば、50万円を超えることが多いですが、場所によって大きく異なることが考えられます。その仕組みは、最初に仲介手数料を支払っておき、ほかの会社と合併ができないような場合には払い戻されることもあります。これは、仲介業者の種類によって異なりますので、事前に確認をしておくことが必要になります。仲介手数料が高いところが必ずしも良いところとは限りませんが、サービスが充実している可能性があります。また、たくさんのお金を支払った方がより真剣に会社を探してくれる可能性があるでしょう。

どれぐらいの費用になるのか

M&Aをする場合には、仲介手数料がかかりますが仲介手数料は、事前相談料などを含んでいることがあります。ただ最近は、事前相談料などは一切かからないようなところもあります。なぜ相談するときの費用を一切取らないかといえば、敷居を低くすることが考えられます。最初からお金を取ってしまうよりも、全くお金を取らない方がより多くの会社が相談しやすいと言えるでしょう。もし、仲介手数料の中に相談料が含まれていないとしても着手金や中間金などが含まれている可能性があります。これらが含まれていると相場としては100万円を超えることも少なくありません。中には、成功報酬を含んでいるところがありますが、成功報酬は実際に結果が出てみないとわかりませんので、この場合には後払いになる可能性が高いでしょう。